お肌がよみがえる人気基礎化粧品ランキング 本当に実力のある基礎化粧品を探せ!

日常生活で気を付けること

30代はお肌の調子がだんだん変わってくるとき。基礎化粧品選びも大切ですが、日常生活でも気をつけなければいけないことがたくさんあります。

ここでは、普段の生活に取りいれられる美肌の秘訣をご紹介していきます。

季節・天気に関わらず、いつでも紫外線対策を

傘・日差しのイラスト

肌に与える影響が大きく、シミやくすみの原因となってしまうのが紫外線。日差しの強い夏には、日焼け止めなどを使ってUV対策をしている人がほとんどだと思います。

しかし、比較的日差しが弱まっている秋~春にかけて、また曇りの日でも、UVケアは必要なのです。

紫外線にはUV-AとUV-Bの2種類あります。

UV-Aは、UV-Bと比較するとパワーは弱いのですが、肌の深い部分にじわじわと浸透するため、しわやたるみの原因となってしまいます

また、曇りの日の日差しでも肌の奥まで届いてしまうので注意が必要です。

このUV-Aを防ぐのには、日焼け止めにかかれているPAをチェック。+の数が多ければ多いほど、UV-Aを防ぐ効果が高くなります。

UV-Bは、より肌への影響が大きい紫外線。UV-Bを浴びていると、短い時間でも赤く腫れてしまったり水ぶくれができてしまったりします。

UV-Bを防ぐためには、日焼け止めのSPFをチェック。表記されている数字が大きいほど、UV-Bを防ぐ効果が高くなります。

睡眠不足が肌の不調の原因に

しっかり睡眠を取っていると、成長ホルモンが分泌され、肌の調子が整いやすくなります。

睡眠不足によって成長ホルモンの分泌が滞ってしまうと、新陳代謝が悪くなったり、病気になりやすくなってしまったりと、様々な不調が起きてきます。

お肌は、体の不調が1番目に見えて変化しやすい部分。ターンオーバーのサイクルが崩れ、古い角質が残ってしまうことによって、シワ・シミ、乾燥など、お肌のトラブルが起きやすくなってしまうのです。

また、血流も悪くなってしまうので、目の下のくまやくすみの原因にもなってしまいます。

美肌を手に入れるために、質の良い睡眠がとれるのは、お肌のゴールデンタイムといわれる22時~2時。成長ホルモンの分泌が1日のうちで1番盛んにおこなわれる時間です。

この時間帯にゆっくり体を休めることで、お肌はもちろん、体全体の調子を整えることができるます。

美肌に欠かせない食べ物とは

美肌になるためには、外側からのケアだけでなく、内側を綺麗にすることも必要です。

毎日の食事に美肌に効果的な食べ物を取りいれることで、トラブルのない肌を手に入れることができます。

  • 海藻

海藻には、腸の中をキレイにしてくれる食物繊維がたっぷり。さらに、美肌には欠かせない、ビタミンやミネラルも豊富に含まれています。

  • 大豆

タンパク質がたっぷりの大豆。お肌はもちろん、髪にも良い影響を与えてくれます。

もちろん、煮物などでそのまま食べるのも良いですが、大豆を毎日食べるのは大変という人は、納豆や味噌などの加工食品でもOK

発酵させた大豆には、腸の働きを促す乳酸菌も含まれています。

  • 玄米

玄米には、美しい肌をつくるために欠かせない、ビタミンやミネラルが豊富。消化に悪いとも言われていますが、吸収しにくいからこそ、腸の働きが活発になり、便秘の解消にもつながります

食べるときにはよく噛んで食べましょう。

  • リンゴ

ビタミンたっぷりのフルーツは、美肌作りに欠かせないものですが、そのなかでもリンゴがおすすめ。

リンゴには腸の中の汚れをはがす効果があります。良く噛んで食べると、大体1時間ほどでたまっている便がでやすい状態になるので、便秘解消にもおすすめです。

美肌作りは一朝一夕ではかないません。

こちらで説明したように、日常生活で小さなことに気を配ることが、真の美肌への近道なのです。

お肌がよみがえる人気基礎化粧品ランキング