お肌がよみがえる人気基礎化粧品ランキング 本当に実力のある基礎化粧品を探せ!

おすすめスキンケア方法

シワやたるみ、毛穴の開きなど、今まで気がつかなかったお肌のトラブルに気づき始める30代。

しかし間違ったケアをしていては、お肌の状態は悪くなっていく一方です。まずは、1度基本に戻り、正しいスキンケア方法をおさらいしてみましょう。

美肌づくりには基本が肝心!30代からのスキンケア方法

  • メイク落とし・洗顔

メイク残りはお肌にとってものすごく悪影響。とにかくしっかりメイクを落とすことが重要です。また、しっかり落とさなければいけないからといって、強くこすりすぎるのはNG

クレンジングはたっぷり使って、摩擦を起こしすぎないように、洗顔はたっぷりの泡で洗いましょう。目元や口元のポイントメイクは、専用のリムーバーを使って丁寧に落とすのがおすすめです。

  • 化粧水・乳液

化粧水や乳液の1番のポイントは、適量をしっかりと肌に浸透させること。高価なコスメだからといって少量ずつ使っては意味がありませんし、潤いが欲しいからといってたくさんつけすぎるのもダメなのです。

適量を肌に染み込ませたら、両手を使ってハンドプレス

手の温度でぐんぐん肌に浸透していきます。冷え性で手が冷たいという方は、少し温めてからハンドプレスすると良いでしょう。

  • 乳液・クリーム・美容液

基本的には、化粧水・乳液と同じ方法でつけるのが正しい方法です。

顔全体に適量をつけたあと、肌の気になる部分に重ね付けするとさらに効果的です。

30代の基礎化粧品選びは配合成分に注目!

20代までは、価格や口コミなどでなんとなく選んでいた基礎化粧品も、30代になるとより真剣に選ばなければいけません。

30代のスキンケア選びで、特に注目したいのが配合されている成分。ここでは、おすすめのスキンケア成分を紹介していきます。

  • セラミド

セラミドには、角質の細胞と細胞の間で水分をはさむこみ、潤いを逃がさないようにする働きがあります。

このセラミドは加齢によって減少していくため、毎日のスキンケアで補う必要があります

  • ヒアルロン酸

セラミドと同様、もともと皮膚の中に存在している成分。ヒアルロン酸そのものの、200倍~600倍もの水分を抱え込むことができるので、高い保湿力が期待できます。

ヒアルロン酸は水溶性の成分なので、主に化粧水や乳液で取り入れることができます。

  • ビタミンC誘導体・ハイドロキノン

すでにできてしまったシミに効果を発揮する成分です。特にビタミンC誘導体には、シミの原因となるメラニンの生成を抑制する働きもあるので、シミの改善だけでなく予防にも効果的

ハイドロキノンは、肌の漂白剤といわれるほど、美白効果の高い成分です。

  • アルブチン・エラグ酸、トラネキサム酸

これらの成分は、メラニンを生成するチロシナーゼの働きを抑制する成分。アルブチンは、美白効果のあるハイドロキノンとブドウ糖が結合した物質。梨やコケモモ、ウワウルシなどの植物に含まれています。

アルブチンは、チロシナーゼというメラニン色素を合成する酵素に作用し、シミやソバカスの原因となるメラニンのはたらきを抑制してくれます。

エラグ酸は、ベリーやナッツ類などの植物由来の美白成分。安全性はもちろん、美白効果も高いため注目されている成分です。

トラネキサム酸は、歯磨き粉によく配合されている成分です。シミがつくられる働きを抑制する効果があります。

  • レチノール

もともと人の体内にあるビタミンAの一種。肌の潤いに必要な、コラーゲンを作り出す細胞に働きかけ、コラーゲンの生成を促してくれます

しかし、少し刺激の強い成分なので肌の弱い方には注意が必要です。

いかがでしたでしょうか?

効果的な成分が配合された基礎化粧品で、正しいスキンケアを行うことが、美肌作りで1番重要なポイントです。

お肌がよみがえる人気基礎化粧品ランキング