お肌がよみがえる人気基礎化粧品ランキング 本当に実力のある基礎化粧品を探せ!

基礎化粧品の使用期限は?

食べ物の賞味期限は気にしても、化粧品の使用期限は気にしない方も多いのではないでしょうか?食べ物も化粧品も体内に吸収されていくものですから、肌の健康を考えるのであれば気を配る必要は十分にありますよ。特に無添加となるとその保管方法も注意が必要です。

ここでは、気にして欲しい基礎化粧品の使用期限とその保管方法を紹介します。

無添加の基礎化粧品は特に注意

今人気の保存・防腐剤が入っていない天然成分の化粧品。みなさんも1度は使ったことがあるかと思いますし、やはりそういった安心できるものを選びたいですよね。

ただし、添加物入りのものよりダメになるのが早い、というリスクはもちろんあるため、保管方法や使用期限には気をつけて欲しいです。

保存場所は涼しく光の当たらない場所が好ましいため、天然由来の多くのものは冷蔵庫での保管がオススメされています。そして使用期限は、添加物が入ったものだとしても、開封から1年以内と考えなければいけません。無添加化粧品の場合は、もっと早く、半年以内には使い切ってしまわなければなりません。開封後長い時間の経過したものは、肌トラブルの原因となってしまう可能性もあります。

使用期限は?

添加物の入ったものも無添加のものも、基礎化粧品は開封したその日から酸化しはじめます。空気に全く触れていない未開封のものでもおおよそ3年開封後は半年~1年を目安に使用しましょう。

実は、肌のしみや色素沈着、くすみ、老化は化粧品の油分の酸化が原因のひとつになっています。他にも酸化してしまった化粧品を使用することにより、にきびやかゆみ、炎症などさまざまな肌トラブルをまねくことに。酸化のみならず、手で触れることにより雑菌がつき中で繁殖してしまった場合も、炎症や発疹につながる可能性が非常に高いです。

本来、肌をきれいにするはずの化粧品を使うことによって、このような肌トラブルが起こったらたまったものではありませんよね。

いつ購入したか、いつ開封したかを記入するのもひとつの手です。古めのものを使用する際は、顔以外の目立たない場所に試しにつけてみるなど、ちょっとした工夫で基礎化粧品の使用期限を気にしてみてはいかがでしょうか。

保管方法は?

直射日光の当たらない涼しい所、冷暗所などと注意書きに書かれているものが、ほとんどかと思います。これは高温多湿で保管した場合に変質しやすいためであり、特に乳化剤などを含んだものですと劣化してしまいます。

そういう理由からも、冷蔵庫で保存している方も多くいらっしゃるかと思いますが、これは間違っている場合があるので注意が必要です。

先ほど紹介した無添加のものや天然由来成分の化粧品については、冷蔵庫でも問題ないことが多いですが、化粧品の多くは低温でも変質し、出し入れの際の温度変化に敏感となっています。

多くのものは洗面所の棚の中など、常温で日光が当たらない場所で十分な場合が多いです。どうしても冷蔵庫へという場合には、ドアポケットや野菜室など、温度差が激しくないところに保管しましょう。注意書きをよく読んで少しでも効果のある状態を保ち、長く使っていきましょうね。

 
お肌がよみがえる人気基礎化粧品ランキング